☆交流保育 5歳児そら組

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 15:27

10月の半ばから、31日に認定こども園木の実のお友だちが遊びに来てくれることを伝えて、どんな遊びをしようか、どうやって迎えてあげると嬉しいかなどを話し合いながら、今日の日を楽しみにしてきました。

「秋の自然物であそぶことを楽しもう葉っぱ」をねらいにもちながら、拾ってきた葉っぱはっぱやどんぐりどんぐりの種類ごとに仕分けをしたり、どんぐりの迷路作りやこま作りを張りきってしていたそら組です。

 

 

「みんなで輪つなぎ作って、ホールの飾り付けをしよう」

「りんご組のお友だち、喜んでくれるかな?」

秋といえば・・・どんぐり、くり、りんご、もみじ、それからハロウィン!

秋にちなんだものを折り紙で作って会場を素敵に飾りましたハロウィン

みんなで準備すると「明日楽しみやなぁ〜にこにこ」という声が。りんご組のお友だち、喜んでくれるといいね♪

 

 

さぁ、りんご組のお友だちがやってきましたよ。ドキドキしながらも「ホールはこっちだよ」と張り切って案内する姿がなんだかちょっぴり、頼もしく感じましたにこにこきらきら

 

1人ずつ自己紹介を終え、いよいよ遊びの始まりです。秋の自然物を使って遊んだり、作ったりができるコーナーを子ども達と考えながら設けました。

 

 

・どんぐりを使ってのペンダント作りコーナー

・葉っぱを使った絵作りコーナー

・どんぐりごま作りコーナー

・どんぐり迷路で遊ぼうコーナー

 

思い思いにペンダント作りをしています。集中していますね。

 

 

みんなで出来るようにと、箱をくっつけて迷路を作りました。ゴールにたどりつくかな?

 

 

最後にはみんなで集まって葉っぱのビンゴをしました。葉っぱの形や色、大きさなどは様々ですね。何の葉っぱなのか考えてみたり、形にも興味をもつ良い機会になったかなと思います。

 

 

 

 

遊びを終えると、緊張もほぐれて会話も自然と弾んでいましたよおんぷ

給食の後は、天気が良かったので園庭に出て遊びました。

「みんなで、リレーしたいなぁ」との声があがったので、木の実の友だちと一緒に楽しみました。

いつもと違って、またまた盛り上がっていました。

 

 

たのしい時間はあっという間ですね。「もっと遊びたかった〜」と今日の日がとても楽しかったのが伝わってきました。握手をしながら「またあそぼうね」「うん、またあそびにきてね」とお互いに声をかけあっていましたよおんぷ

 

 

 

 

「ばいばーい手」と大きな声をかけたり、手を振ったりしながらバスが見えなくなるまで見送っていました。

 

 

帰りの会で、木の実のお友だちと遊んで楽しかったことを振り返りながら、木の実のお友だちが喜んでいたこと、楽しそうにしていたことを伝えました。とっても満足そうなそら組の子ども達でしたよ。また一緒に遊べるといいね♪